So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ラップブレスレット作りの材料 [ビーズ]

チャンルー・ブレスレットのようなブレスは、ラップブレスレットと呼ばれています。
編む材料は余り紹介されていないので、私の例を書いてみます。

*1.5mmのレザーコード(長さは二つ折りにするので、欲しい長さの倍)
*銀ビーズ(チャンルーのシルバービーズは2x2mmです)
*天然石etc.(4mm位が適当です。これ以下の大きさだと穴が小さくなりますから)
*編み糸(ビーズ糸を使っていますが、コシがあればなんでも良いと思います)
*針(ビーズ針・John James size10を使っています。細いので便利です)
*コルクのマクラメボード(雑誌で代用もイイのですが1000円でとうとう買いました)
*ピンと洗濯ハサミ(すこし引っ張った方が編みやすい)

以上です。
始めにレザーコードに留めボタンを通して二つ折りにします。
皆さんコードにボタンを結んだりしていますが、チャンルーではそのままビーズを編み込んでいます。
私も結んでいないのですが、結ばない方が遊び幅があって良いと思います。
最初のビーズを編み込む時に、糸の玉結びをコードに一回刺して止めにします。
それから順次ビーズに糸を通してゆきます。

IMG_0693.jpg

右側から右上、左下と針を通してビーズをコードの間に入れます。

IMG_0692.jpg

次に左側から左上、右下と糸をビーズに入れて合計で2回糸が通ればOKです。
編み終わりに糸を玉結びしてレザーに一度突き刺して糸留して終わりです。
チャンルーではボンドを付けていますが、私は邪魔くさいのでやっていません。
後はレザーコードを結んで留ボタンを通す穴を作ります。

最近の流行でシルバービーズと石を半々に入れた1重コードブレスがあります。
好きな素材で編んでみました。

IMG_0688.jpg

やってみて思ったことは、シルバービーズは編みやすい。
ちなみにこのシルバービーズはチャンルーのブレスを解いたときのものです。
やっぱりシルバービーズがシンプルで美しいと思います。

余談ですが、ネットでラップブレスレットの一日教室をしている方がいました。
出来上がりを見ると留ボタンがチャンルーそっくりです(Chan Luuと入っていないだけ)
もしやと思ってアメリカebayを調べたら売っている人がいました。
でもワールドワイドと書いてあるのに、送り先に日本は駄目と書かれていました。
送り先のJの欄でOKなのはジャマイカだけでした。

なんなん、それ!



                                                                                                                                        

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。